ポカリスエットが逆効果に

2週間ぐらい前から風邪を引きずっていたため、ここ数日は食事の度にポカリスエットを飲んでいました。主食が白米だろうと、おかずが切干大根だろうと関係ありません。とにかく大塚製薬の清涼飲料水に身を委ね、できうる限りの水分補給を続けました。

小さい頃から「風邪を引いた時はポカリスエット」と決めていたこともあって、どれだけがぶ飲みしてお腹がパンパンになっても摂取し続けるというのが私の中で決めていることです。一時期は風邪薬を飲むためにポカリスエットで流しこむという荒業をやってのけ、因果関係こそわかりませんが39度の熱がわずか12時間で36度台まで下げる事も出来ました(良い子と良い大人は真似しないようにしましょう)。

ただ、やはり年齢を重ねると体の衰えを感じるようにもなりました。というのも、10代まではどれだけポカリを飲んでも太ることは無かったのですが、さっき体重を測ってみたら、3日で1kgほど体重が増えていました。1kgぐらいなら誤差の範囲内かもしれませんが、今まであり得なかったことが突然起きると、やはり動揺してしまいます。

風邪を引きずっている間はポカリのお世話になり、風邪が治ったらNike+のお世話になる日々が始まるのでしょうか…。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ