疲れた…初めての着付け教室

今日初めて着付け教室へ参加しました。

ネットで近くの教室を探して、勇気を出して申し込んだけれど、上品で優しい先生に出会えてよかった。

マンツーマンレッスンだから緊張したけれど、先生に優しく教えてもらえました。

まず、肌着のつけ方や補正の仕方~長襦袢の着方を習いました。

長襦袢を着るにも衿を合わせたり、皺を伸ばしたりと、覚えなくてはいけない手順があり大変でした。

着物が綺麗に着れるかどうかは、長襦袢がいかに皺なく綺麗に着れているかで大きく左右されるそうです。

着物を着るまで通して練習しましたが、覚えることが多すぎて頭の中がパンクしそうでした。

まだまだ帯の練習まで辿りつけていないのに、今の時点でこんなに注意しなければならないことがあるなんて…と

想像していた以上の大変さに驚きました。

先生は着物は慣れれば、楽に着られるようになるとおっしゃっていましたが、自分もそう思えるようになるかなと

少し不安になりました。

また次のお稽古日まで家でも少しずつ練習したいです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ