中堅消費者金融のキャッシングの利息を計算してみましょう

中堅消費者金融キャッシング利用する上で無視できないのが利息です。では、どのくらいの利息を支払うことになるのか計算をして、返済計画を立てて利用するようにしましょう。まず知っておきたいのが、利息制限法です。利息制限法は金利の上限を規制した法律で、元金10万円以上なら年利20%、元金10万円以上100万円未満なら年利18%、元金100万円以上なら年利15%までの貸付制限を設けています

。要するに、10万円を借りた場合、20%以内の金利で貸付を行わないと違法になるということです。キャッシングの利息は日割り計算ですので、計算式は「借入残高×年利÷365(日)×借入日数」=「利息」となります。では、10万円を最大年利20%で借りたケースを例にしてみます。

7日後に返済をするとしたら、「100,000×0.20÷365×7」=「383」となるので、利息は383円です。30日後に返済するとしたら、「100,000×0.20÷365×30」=「1643」となるので、利息は1643円です。そして、10万円を毎月1万ずつ10ヶ月間で分割返済するとしたら、翌月は「90,000×0.20÷365×30」=「1479」となり、利息は1479円です。

つまり返済していくほど利息負担は減っていくということになります。利息を軽減するためにも出来れば一括返済が望ましいですが、それが無理なら出来るだけ早く返済するということを考えましょう。

中堅消費者金融はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ