ランサムウェアの被害と対策

スパムメール内のアドレスや不正に改ざんされたホームページ、広告バナーなどにアクセスすると、脆弱性を攻撃するためのサイトに送られ、ランサムウェアに感染することがあります。

ランサムウェアは身代金ウイルスとも呼ばれ、被害に遭ったコンピュータを復元するために金銭を要求する機能を持っています。

ひとたび活動を開始すると、コンピュータの一部機能をロックしたり、ファイルデータを暗号化したりして、通常の操作を行えなくしてしまいます。

そして、「ランサムウェア 復旧するために支払を完了してください」などの文面を含むメッセージを表示し、金銭を要求してきます。

ここで支払に応じたとしても、データを復元してくれることはまずありません。

非可逆的に暗号化してしまい、そもそも元に戻すことができない場合がほとんどです。

ランサムウェアの被害を防ぐためには、日頃から怪しいメールやサイトを開かないようにする心がけが重要です。

また、被害に遭った際の影響を小さくするためにも、定期的にファイルデータのバックアップを取り、外付けハードディスクなどに保存しておきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ