自炊について。自炊は脳を活性化させる

自炊について書きたい。

自炊を行っている男性というのはどれくらいいるのだろうか。

さすがにこのご時世において、台所に立つのは女性のであり、男が立つ場所は無いとか時代錯誤もいいところは考えは無くなったであろうが、自ら進んで自炊を行う人は少ないんじゃないかなと思う。

自炊なんて面倒だし、全部外食でいいよとか、そんなことをする暇があれば別のことをするよとか思うかもしれないが、結構自炊は馬鹿にできない。

これほど素晴らしい脳のトレーニングは無いと思う。

手先を使う作業であるし、手際も考えなければならない。また、何を作るか、どんな材料を使用するかとかの判断も必要となる。そして、その作った料理を誰かに振る舞うとなれば、味付けもきちんとしなければならない。

手と頭を使う素晴らしい作業が自炊なのだ。

そう考えると、是非とも自炊を始めたくなるはずだ。

そして、何よりも節約になる。

一回の外食で1000円遣うところを、スーパーで食材を揃えてしまえばかなりの物が買えてしまう。

また、自分が作ったので、何が含まれているかも分かる。

安心して食べられるのだ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ