プロジェクターレンタル、絶対おさえたい3つのポイント

結婚式や卒業式、または学会などのイベントで欠かせないのがプロジェクター。けれどいつも使うわけではないので、買うほどではないよねという方、実はレンタルができるんです。

プロジェクターレンタルできるお店は以外と多く、料金や機種も多岐にわたります。それだけ豊富

だとたまにしか使わないだけに、却ってどれを選んでいいかわからないものです。

そんなあなたのために、プロジェクターを選ぶポイントをご紹介します。

プロジェクターレンタルのポイントは以下の3つが主なものになるでしょう。

1、明るさ(ルーメン)

2、スクリーンのサイズ

3、料金

まず明るさです。これはルーメンという単位で表しますが、ピンときませんよね。ルーメンとは

ろうそく1本の灯りを1メートル先で確認できる明るさのことです。やっぱりピンときませんが、

一般的な結婚式や会議なら3000ルーメン前後、大規模イベントなら7000ルーメンが目安になります。

注意点は使用環境です。同じルーメンなら部屋を暗くしたほうがはっきりとスクリーンに映ります。

使用する部屋の管理者に電気を消したりできるか確認をとっておきましょう。

次にスクリーンのサイズです。スクリーンサイズの単位はインチで1インチは約2.5センチです。

これは画面の対角線の長さを表しているので、例えば60インチは対角線の長さが約150センチのスクリーンとなります。

注意点は対角線の長さですので、画面比が4:3と16:9ではスクリーンの縦横のサイズが違う点です。映したい内容に合ったスクリーンを選びましょう。

最後は料金です。これはお店によって差がありますのでよく確認しましょう。

同等スペックならプロジェクターそのもののレンタル料金は似たり寄ったりですが、違いが出るのは

送料とレンタルできる日数による料金の差です。レンタル料は安くでも送料が高かったりその逆もありますので、レンタルする日数も含めたトータルコストで比較しましょう。

便利なプロジェクターレンタルを賢く利用して、大切なイベントを成功させてくださいね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ