年齢とともに身体がにおう?

年齢が上がるにつれて、朝起きた時の口のにおいが気になるようになりました。まあずばり言って「口、臭いかも?」と心配になってしまうのですよね。とくに寝る前にコーヒーを飲んだ日なんて、次の日の口は軽く「臭いかなー」なんていう範疇を越えていますからね。

だってもう明らかに臭いんですよ。もちろん就寝前に飲むのがコーヒーでも、しっかりと歯をみがきますよ。もう良い大人ですしね。それにやっぱり口が臭ったらイヤですから。と、言いますか、私の周囲がイヤでしょうから。ですから寝る前には年押しの歯磨きはしていますよ。

けれどもやっぱり翌朝の口はにおうのです。そのことに気がついたのは、オバハンと言われて「ちょっとムッとする」ぐらいの年齢に入ってからのことなのですが、いやあもう、確実に朝の口は臭くなってきていますよね。

なんでしょう。若い頃は寝る前にコーヒーを飲もうが、そのまま歯磨きをせずに寝てしまおうが、とくに影響はなかったのですが、今では確実に口臭として跳ね返ってきていますね。酒を飲んだ翌日も、口は臭い感じになりますが、コーヒーもなかなかなものですからね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ