過払い金請求の主な流れ

家族や会社にばれずに過払い金請求請求を行う際の主な流れは、以下のようになっています。

まずは、過払い金請求を行う為の準備を行います。準備するものは、過払い金が発生している事を示す為、引き直し計算を専用ソフト、又は、Excelを使用し計算します。その際、貸金業者からは、取引経歴を取り寄せる必要があり、取引開示の手続きを行っておきます。

次に引き出し計算が終われば、その計算を元に過払い金請求に必要な書類の作成に入ります。引き出し計算で計算した結果を元に書類を作成し、過払い金請求を行います。その際、自分で難しいと思う場合は、できれば、弁護士などプロの手を借りると確かだと思います。その方が、書類の作成も早く、その後の交渉においても、代理人として進めて行ってもらう事が可能になってきます。

過払い金請求に関する書類の作成が終われば、次に貸金業者との交渉に進んで行きます。ここで、そう簡単に進まないのが、過払い金請求で、素人一人で交渉に臨むと、色々と言われ、揺さぶりをかけられる事も少なくありません。過払い金請求の場合、一度、和解してしまうと二度と同じ過払い金請求を行う事ができない為、慎重さが求められます。その為、やはり、ここでは、プロの手を借りた方が無難だと言え、プロの手を借り、そんな、貸金業者の揺さぶりに負けない交渉をしてもらう事も大切になってきます。

ここで、無事に話し合いが成立すればいいのですが、不成立となり、和解する事ができなかった場合、簡易裁判所での提訴が必要になってきます。この場合、140万円以下は地方裁判所になります。そして、提訴を行えば、口頭弁論を行ったうえで、結審となり、これだけでも、数か月の期間、必要になってきます。その上、ここでの結審に不服の場合は、上告する事になり、また、数か月必要になってきます。

その後、無事に和解、結審が出れば、入金と言う流れになります。これまでの流れを自分一人で行った場合は、入金された金額全てが自分のものになりますが、弁護士に依頼した場合は、弁護士費用などが引かれ、残ったお金のみ手に入れる事が可能です。

その為、過払い金請求を行う際は、その過払い金が弁護士を雇う費用に相当するのか検討した上で行う事も大切です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ