iPadレンタルは役にたつ

サービス業が盛んになってきている昨今、iPadレンタルというサービスが増えてきている。

このサービスはその名のとおり、iPadを一定期間貸す(レンタル)ことで収益を上げているサービスなのだが、このサービス、実はとても役にたつものなのだ。

ということでどういうところがどう役にたつのか説明していきたいと思う。

やはりこのサービスの強みの中でも一番の醍醐味といえば『安くiPadが使えること』に限るだろう。

もちろん限度はある。

異常なほどの長期間に渡って貸し出しをし続ける場合は、自分でiPadを買ったほうが安く済むかもしれない。

だから、”ちょっとだけとか、短期間使いたいとき”に役にたつのだ。

例えば、iPadを買おうか迷っているとき。

iPadのCMを見て、iPadがとても欲しくなった。

だが、iPadがどれだけ使いやすいものなのかなんて使ってみなければわからないし、ggっても断片的な情報しか出てこないのが実際のところである。

ならば、買うよりは頗る安いレンタルで短期間貸し出して試してみる、なんて使い方もできるわけだ。

もちろん使えるシチュエーションは試すときだけはない。

仕事に使うというのにも有効だったりする。

ある仕事が突然入ってきた。

その仕事は、iPadで行うととても効率的だがその仕事が継続的に来るとは限らない。

だったらレンタルしてしまえばいいのだ。

”仕事に使う”というシチュエーションでいえば、塾の経営などにも役にたつんじゃないだろうか。

図形などの学習は紙でなく機械を使ったほうがずっとずっとわかりやすい。

だからそういった必要な単元の時期にだけ貸し出しすれば、素晴らしい経費削減になるではないか。

といった感じで、このサービスの使い道はいくらでも思いつく。

「自分で買うよりもiPadレンタルのほうがずっと安く済」という状況だったら全て当てはまる。

さっき言ったような学習塾の経営なんていうのは、つまり教育界にさえ大利益をもたらすということ。

教育界に利益をもたらせば、また教育界が発達し、子供たちも優秀な子がたくさんそこから輩出される。

このiPadレンタルサービスは、社会にも貢献しているのだ!

と、ちょっと話がそれて、というか大きくなってしまったが実際にこのサービスは役にたつことが多い。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ