相続放棄をすべき人やその方法

受け継ぐべき遺産を放棄することを相続放棄といいますが、なぜ遺産が貰えるのにわざわざ放棄するのかと思う方も中にはいらっしゃるかもしれません。遺産と聞くと金銭的な資産を思い浮かべることがあるかと思いますが、実際には借金や山林、不動産といったものもすべて含まれています。そのため亡くなった方、すなわち被相続人が借金をしていた場合には借金を受け継ぐ形となってしまうため、相続放棄をする場合があるのです。

相続放棄をする事例はそれだけではありません。例えば亡くなった方が誰かの保証人になっている場合や、生前長い間顔を合わせていなかったので暮らしぶりがわからず、借金をしているかどうか分からないといった場合にも使われています。また、借金は無いけれど維持費や処分に費用がかかる土地などがあったときや、家族で事業をしている際にその家業を立て直すべく家長のみが相続するので他の兄弟が辞退するといった場合にも使われることがあるようです。

相続放棄をするには相続をするということを知ったときから三ヶ月以内に相続放棄申述書を家庭裁判所に提出します。家庭裁判所ならばどこでも良いというわけではなく、亡くなった方の住民票がある地域の家庭裁判所に届出をしましょう。届け出る際には戸籍謄本が必要となりますが、被相続人との関係によって必要な枚数が異なってくるため事前に確認しておきましょう。ちなみに相続放棄申述書は裁判所のホームページからも入手可能となっています。

必要書類を揃えたら管轄内の家庭裁判所に提出をします。費用は収入印紙の800円以外に家庭用裁判所からの連絡に用いられる郵便切手が必要となります。郵便切手は各家庭裁判所によって金額などが異なるため確認しておきましょう。

それらを提出し、受理されると家庭裁判所から照会書が届きます。改めて相続放棄をするという意思を伝えるために照会書に記載されている事項に回答し、再び裁判所へ返送して特に問題がなければ相続放棄申述受理通知書が郵送されます。借金をしていた場合にはその相手に相続放棄をしたことを伝えなければならないといったこともありますが、基本的にはそこで相続放棄することが出来たということになります。

相続放棄の手続きは自分で行うだけでなく、司法書士や税理士などにお願いすることも可能です。本当に相続放棄すべきかしっかりと見極めた上で行っていきたいものですね。また相続放棄の相談窓口なども利用してみるとよいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ