出会いは逃しているのかもしれない

出会いというものは不思議なもので、出会いを求めているときには出会わなかったりするのに、求めていないとあったりします。

また、物凄く出会いがある人もいれば、嘆きたくなるくらい全くないような人もいます。

高校時代の友人なんか、かなり顕著ですね。

ですが、考えてしまうことがあります。

出会いが少ないと嘆いている人は、もしかして出会いがないのではなく見逃しているだけなのではと思ってしまいます。

出会いについて悩んでいない人は、見ていると逃していないイメージがあるのです。

ちょっとしたきっかけでもそこから出会いに繋げているイメージです。

もちろん、その出会いから必ずしも交際にいくわけではありません。

ですが、ちゃんと出会いとして成立しているイメージなのです。

もちろん、嘆いている通りにやはり出会いがないという人もいるでしょう。

ですが単に、逃している人も多いのではと私は思います。

私自身も、出会いがないと思っている1人です。

ですが、逃したことがないかと聞かれると、あったような気はします。

すごい人は、どんな小さなきっかけでも逃さないのです。

あまりにがつがつ行くのはどうかと思いますが、ほどほどには行動したほうが良いのかもしれません。

大人になってしまうと、出会いを掴む勇気というのもだんだんなくなっていきます。

鈍くなるのか怖くなるのかは分かりませんが、1歩踏み出す勇気や周りを見渡すことは、自分が思っているよりもずっと重要なのかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ