伝えたいことを確実に伝えるための方法とは

伝えたいことを相手により確実に伝えるには、まず結論を延べ、次に理由、そして最後にまた結論を述べると良いと言われます。こうすることで伝えたいことが明確になり、相手はその内容をより理解できるようになるので、説得力が増すのです。

このことは口頭でも文章でも同じように当てはまります。報告はまず結論からというのは、ビジネスの現場では常識ですが、これをきっちりできる人は少ないというのが現実です。特に失敗したことなど、悪い結果を報告するときに、まず言い訳から伝えたいのが人情というものです。だからこそ、こういうことを常日頃から意識する、または意識させることが大切になります。

最後に再度結論を述べるというのは、確認という意味があります。結論よりも理由の方がどうしても長くなりますので、理由を説明している間に相手が結論を忘れてしまうということが、往々にして起こります。最後にもう一度結論を述べることで、伝えたいことを再確認してもらうことができるのです。これは、理解してもらうための文章を書くときに特に有効なので、覚えておくとよいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ