こんな人はB型肝炎の検査を受けておこう

B型肝炎(http://bkan-bengoshi.jp/)という病気の名前は聞いたことがあっても、実際に検査を受けたことがないという人は、意外とたくさんいるものです。

では、B型肝炎の検査を受けた方がよい人とは、いったいどのような人なのでしょうか。

まず最初に該当するのは、「肝機能検査で数値に異常があった人」です。

数値に異常があるということは、そこに当然何らかの原因が存在していることになります。

もちろん必ずしもB型肝炎ウィルスに感染しているとは限らないのですが、念のため検査を受けておいた方がよいでしょう。

次に該当するのは、「家族の中にB型肝炎ウィルスの保有者がいる人」です。

B型肝炎には、垂直感染と呼ばれる感染経路が存在します。

もっと簡単に言うと、母子感染が起こる病気だということです。

ですから、もしも家族の中にB型肝炎ウィルス感染者がいる場合は、検査を受けておくのが無難でしょう。

現在では母子感染予防策がしっかりととられていますが、過去にはそういった対策がとられていなかった時期があります。

ですから、「1985年以前に生まれたという人」は、特に検査を受けておいた方がよいといえるでしょう。

さらに、「過去に大きな手術を受けて、そのときに輸血を経験したという人」も、できれば検査を受けておきたいところです。

輸血による感染の例はそれほど多いわけではありませんが、B型肝炎の検査はそれほど難しいものでもないため、やはり受けておいた方が安心でしょう。

その他には、医療機関ではなく自分でピアスの穴を開けたことがある人や、タトゥーを入れたことがある人などが該当します。

たとえば住民基本検診など、自治体による検査も行われていますので、上記にひとつでも当てはまる条件がある場合は、できるだけ早いうちに検査をすることをおすすめします。

そして万が一B型肝炎ウィルスへの感染が判明した場合でも、決して慌てないようにしてください。

以前とは違って、現在では治療法もしっかりと確立されていますし、何も不安になりすぎる必要はありません。

さらに感染経路によっては、国からの給付金を得ることもできます。

ただし、そのためには法的な手続きが必要不可欠になりますので、まずはB型肝炎給付に関する相談ができる弁護士事務所に、相談を持ちかけてみるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ