増えてきた電子看板

デジタルサイネージとは、電子看板のことです。ディスプレイやプロジェクタといった表示機器を設置して、情報を発信します。最近は交通機関、公共の空間、店舗などで見かけることが多くなりました。

設置が増えている理由としてまず挙げられるのは、対象により多くの情報を伝えられるという点です。ディスプレイを使うと画像だけではなく、動画も発信できます。動いているものに人は目を向けてしまいがちなので、デジタルサイネージのコンテンツは静止画の看板やポスターと比べて、より情報を見てもらいやすくなります。また、ディスプレイは明るく、暗くても視認性が高いです。

次に、最新の情報をターゲットを絞って伝えられるという点が挙げられます。空港では搭乗ゲートに変更があったとき、スーパーでは特価情報、飲食店では昼時のランチメニューの表示など、その時の最新情報をターゲットに伝えられます。このような理由から、公共の場でも緊急情報を伝えるために利用されるようになりました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ