米中貿易戦争と日本の立場

このところアメリカと中国の貿易に関係するニュースが増えてきたように思いますが、この2つの大国がぶつかり合う、経済戦争ともいわれる過激なタイトルがついたりしています。覇権争いのために、両者が合意することはないという予想が多いようですが、日本もこれにより大きな影響を受けるために、他人事というわけにはいきません。

日本はこの2国と深く関わっており、経済の大部分を依存しているという実態があるからです。どちらが勝つのか負けるのか、あるいは勝負の結果ははっきりしないのか、これから先のことはわかりませんが、誇りやプライド、謝りたくないという強い気持ちがあるために、お互いに引くに引けないようなことになって、エスカレートし過ぎるようなことになりはしないか、やや不安になっています。日本はどちらの肩を持つことなく、うまく両方と仲良くしていくことができれば、良いのではないかと思いますし、静観する姿勢で良いと感じています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ