パニック障害の原因とは何か

パニック障害とは何の理由も無く突然不安に苛まれ、心臓がドキドキしたり大量の汗をかいたり、眩暈や吐き気などが起きたりする病気の事で、通常は10分から30分以内に症状は収まります。パニック障害と吐き気はあまり関係ないようですが実はこれも関係している場合があります。

この病気の厄介な所は、心因的な事が原因の場合が多く、病院などで検査をしても何の異常も認められない場合が多い事が挙げられますが、それ以上に一番厄介な所は原因が現在ではまだ完全には解明されていないという所です。というのも患者それぞれに原因が異なっている為に、これと一つに特定出来ないからです。そのせいでまたいつ発生するのかと患者が不安になってしまい、さらにパニック障害が起こすという悪循環に陥ってしまいます。

改善方法としては、薬などを使い不安を抑えていったり、心を平静に保てる様にトレーニングをしていくなどといった方法などがあります。

近年は程度の差こそあれ100人に1人は発症しているとまで言われている病気なので、どの様な人にも急に発症する可能性があるので、注意が必要ですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ