保育士求人や仕事の現状は厳しい

保育士求人というとどうしても保育園で働くというイメージが強いかと思われますが、もちろんそれだけではありません。

病棟保育士というのもあります。

数は決して多くはありませんが、病気の、または怪我をしている子供たちの力になりたいという方は、病院という選択肢を入れてみてもいいのかなと思います。

もちろん、なんとなくで勤まるようなところではないと思うので、よくよく考えてはいただきたいのですが、こういう選択肢も検討してみていただきたいですね。

ただ、保育士というのは、働く場所さえ選ばなければ、勤め先はかなりあります。

慢性的な働き手不足となっているからです。

保育士の仕事が楽だと思っている人はさすがにいらっしゃらないとは思いますが、それみしても本当に大変で、1人で何人もの子供を見ていなければなりません。

子供というのは数秒でも目を離すと何処かに行ってしまうのですから、それはそれは本当に大変です。

私の弟も小さいとき、保育園でいなくなったと思ったら隅っこのほうに隠れていたことがありました。

こういうことを考えると、1人1人の負担を減らさないことにはどうにも出来ません。

ですが、保育士には他にも問題があります。

それは、給料がとても安いことです。

かなり大変な仕事であるにも関わらず給料がかなり安いため、働く人が敬遠すると言っても過言ではありません。

働きたいけど忙しいのに給料が見合ってないと思い、泣く泣く諦めている人や仕事を辞めてしまう人もいるのです。

やりがいだけではどうにもならないことがあるのです。

ですが、給料をもっと上げれば人も集まり、1人1人の負担がずっと減るのです。

保育士である友人が、1クラスに1人増えればずっと楽になるのにと常々言っています。

もしそのクラスに18人の子供がいたら、2人の保育士で9人ずつ見ていたのが、3人で6人ずつ見ることになるのです。

負担はかなり減るのではないでしょうか。

それに、保育士が増えれば、受け入れられる子供の数が増え、待機児童も減ることでしょう。

まずは国に、保育士の給料を上げていただきたいです。

思い切って上げるのは大変かと思いますが、保育士、そして子供のことをもっと真剣に考えてあげてほしいと思ってしまいます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ